最近の山歩き




天王山 てんのうざん (537.8m) 岐阜県美濃市(半道)
2001-02-09 曇・小雪     単独

場 所 北 緯 東 経
県道脇登山口 35°33′26″ 136°51′36″
天王山頂上 35°33′32″ 136°51′58″
オレンジ色は地図による概算値のため誤差大
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口


地図のすぐ下クリック・天王山周辺の天気予報(二日分)

地図画面上でダブルクリックすると、そこが画面中央になります。




地図
登山コース
 天王山には一般的に南側の大矢田神社からの道が多く登られているようであるが、どうもコース時間が短いようなので北西方向の倉木林道からの道を歩くつもりで出かけたのだが・・・

登山口
道路脇の登山口
 名古屋からは156号を関から美濃に向かい、高速道・美濃インター方面に標識の出ているところを左折する。(高速利用なら美濃インターを出て直ぐの信号を左折すれば、同じ道にでる)

 そのまま道なりに進み、洞戸方面の標識が出ている信号を右折。御手洗方面に進んでいくと大矢田トンネルがある。トンネルを抜けると、やや下りになり左側に民家が見える辺りの右側に「天王山登山口」の小さい標識あり。

 トンネルまでは何もなかったが、トンネルを出てから路肩に少し雪が残っているようになり、この状態だと除雪のしてない林道には入れないな?と思いながら走っていたので、この辺りが倉木林道の入口辺りだろうと錯覚してしまった。登山口側に車を停められるよう路肩も少し広くなっている。標識も出ているので、ここから登ることにした。

 この道は中電の送電鉄塔の巡視路を利用した道のようだ。登山口に鉄塔番号を示す標識も出ている。登り初めて10分もすると96号鉄塔の下に出る。そのまま進んでいくと95号鉄塔に出る。

 山頂
天王山頂上
 95号の鉄塔下を通過すると、左下から登ってくる道と交わる分岐に出た。標識にDコースとある。どうやら、この左から登ってくる道が倉木林道からの道のようだ。私が登ったコースは「半道コース」だ。道程が半分だから半道というのではない。この辺りの地名のようで「はみち」と読む。

 コースを右にとり、尾根道を進む。途中テレビの中継アンテナのようなものが立っている。その後は左側に大きな岩が出てくると、鉄ハシゴがあり、前方に大きな反射板のついた鉄塔が見える。山頂は直ぐだ。

 前回の野登山ほど寒くはなかったが、山の上では小雪がチラチラ舞っていた。冬の天気は局地的で、低山でも、下で晴ていても上では天気が悪くなっている。山頂には周囲の地形を示す方位板があったが、なんとここからJR名古屋駅のツインタワーが見えるらしい。あいにくの空模様で下の町並みは見えても、遠方は霞んで何も見えなかった。

 午前中に登山口に戻ってしまうという、あっけない散歩コースであったが、山道らしくて、結構愉しめるコースだ。登山道にはショウジョウバカマの株もたくさんあり、春先には綺麗な花も愉しめそうなコースである。

 車で更に2Kほど行くと、倉木林道があり、道路沿いに、やはり天王山登山口の標識が出ていた。林道は未舗装のようだ。奥の方はどうなっているのか分からないが、林道は濡れて水たまりが出来ている。車が汚れるので、半道コースでよかったのだ、と納得して帰りました。


東海北陸道・美濃インターを出て直ぐの信号を左折。直進し、洞戸方面への標識の出ている信号を右折すれば、トンネルを出た所に「半道コース」の登山口あり。駐車可
更に2Kほど行けば倉木林道への分岐に至る。見た限りでは、林道は未舗装、奥まで普通車で入れるのかどうか不明。