最近の山歩き




三峰山 みうねやま (1235.4m) 三重県飯高町(福本)
2001-04-08 曇     同行者3名

場 所 北 緯 東 経
登山口の駐車場 34°26′05″ 136°13′02″
三峰山頂上 34°26′43″ 136°12′32″
オレンジ色は地図による概算値
GPSによる位置データ

MapFan Web で地図表示(地図画面で縮尺変更可能)

駐車地点中心地図表示
地図中央十字印が駐車地点(実質登山口


地図のすぐ下クリック・三峰山周辺の天気予報(二日分)

地図画面上でダブルクリックすると、そこが画面中央になります。




地図
登山コース
 三峰山は高見山学能堂山の間にあり、三重県と奈良県の境に位置する。一般的には奈良県側の御杖村(青少年旅行村)から登られることが多いようだが、同行者の希望で三重県側からとなった。国道166号からの分岐は、左手に学校が見え飯高大橋を渡ったあと、右側に「プリン」という喫茶店がある。そこを過ぎるとすぐ、2車線の道が右に分岐している。曲がり角には三峰山登山の大きな看板が出ている。

登山口
登山口

 道はすぐ1車線になるが駐車地点まで舗装されている。(今回のGPSデータは駐車地点が道路から大きく外れているので、参考データとして見ていただきたい)。登山口には大きな案内標識などが出ているので、国道からの分岐さえわかれば、あとは一本道で分かりやすい。駐車地点から更に道は続き月出の里に出られるが、現在は工事中で通行不可のようです。

 天気予報では快晴のようなことを言っていたが、どんよりとした曇り空で、時々雨もぱらつくはっきりしない日になってしまった。雨具を着けるほどではないが、一応用意して登り始める。

山頂
霧で視界の悪い山頂
 このコースは、杉植林の中、やや急な道で山腹をジクザグに登り返しながら高度を稼いでいく。単調な登りが続くので、疲れをよけいに感じるようだ。途中、八丁平まで900m、400mという標識の所を通過。この400m標識を過ぎて、ようやく杉木立から抜け出し、雑木のやや視界の開けた道になる。

 八丁平という平坦地に出るが、ここは奈良県側からの登山道との合流点にもなっている。あいにくの天気で、ガスがかかり周辺部は、ほとんど見えないし、風も強い。視界は30mから50mといったところだ。小休止して山頂に向かうが、10分とかからないうちに、あっけなく着いてしまった。

 山頂付近もガスで視界が悪い。日曜日で、もっと人がいるかと思ったが我々以外誰もいなかった。この山も霧氷が有名とかだが、冬季以外は余り登られないのだろうか。それにしては、登頂記念のプレートが沢山架かっている。

 一昨日の御池は日差しもあり気持ちよかったが、山頂は防寒着を着けてないと肌寒いほどだ。宴会も盛り上がらず、早々に下山した。



伊勢自動車道・松阪インターから国道166号に入り、飯高大橋を通過した後、右側にプリンという喫茶店あり。そこを過ぎて右側に登山口を示す看板の出ているところで分岐。駐車地点まで全舗装。