最近の山歩き



大白木山 おじろぎやま (1234.4m) 岐阜県根尾村(折越峠)
2000.11.24 快晴     単独

登山口
折越峠のお地蔵さん
 複数のガイドブックに載るほど有名?なのに地形図や道路地図に山名のないものがある。大白木山もその一つ。位置的には根尾村の岩岳の北4Kmほどの所にある。

 アプローチは国道157号を北上し、樽見駅付近で右折して418号に分岐する。道なりに2Kほど進むと「上大須」方面の標識が出ているので、それに従い左に入る。NEOキャンピングパークというキャンプ場を過ぎ、上大須辺りまで行くと、「折越林道」と書かれた小さな標識が出ている所を通るので、ここを左折し橋を渡って林道に分岐する。

 林道といっても舗装された良い道である。道なりに登り詰めると、右側の道路沿いに階段状になった一番上に小さな地蔵が祀られている所がある。ここが折越峠で、直ぐ隣にはわき水が引かれている。特に駐車場はないが、路肩が広くなっているので数台は停められる。

 折越峠を少し下ると左手に、中電のNo29鉄塔への案内標識か出ていて、階段状の手すりの付いた道がついている、ここが登山口になる。大白木山への登山口と書いた標識のようなものは出てない。

 やや急な階段状の道を2回ほどジクザクに登ると、直ぐにやせ尾根に出る。最後まで送電鉄塔の巡視路を歩くことになるが、道には落ち葉が多いが、辛うじて道の所だけ浅くくぼみ状になっているので、迷うようなことはない。

山頂
大白木山山頂
 最初はなだらかな尾根道も少しずつ斜度を増してくる。やがてヒノキの巨木が立ちはだかる所に出る。左に巻くように行くとNo29鉄塔に着く。ここから次のNo28鉄塔の先まで、なだらかではあるが下り道になる。

 No28鉄塔を過ぎると、登りになるが、この辺りには植樹の若木が道の脇にある。雪で木が倒れないようにとロープで引っ張ってあるのだが、それが道を塞いでいる所が何カ所もあった。

 跨ぐには高すぎるし、くぐり抜けるには、かなりしゃがみ込まないと通れない。登りで何度も体をこごめるのは疲れる。ここを過ぎると、ブロックで階段状に作られた急な道になるが、ここを登り詰めると、またヤセ尾根に出、笹の茂る緩い道を登り詰めると山頂だ。山頂には2つの大きな反射板が建っている。

 快晴で雲一つない穏やかな陽気になった。頂上からは360度の大展望である。奥美濃の山々が一望のもとにながめられる。天気は良いし、見晴らしは最高。これで美味しい弁当が食べられたら三拍子揃っていうことなしなのだが、今日は大変なミスをしてしまった。

 食料を買いそびれてしまったのだ。途中のコンビニで仕入れるつもりで、走っていたら本巣町辺りからコンビニが全く見あたらなくなってしまった。一軒くらいはあるだろうと気楽に構えていたのだが、最後まで買い求めることが出来ず。
 水と前回の残りのチョコレートだけで山頂を踏んだのだが、食事は最大の楽しみの一つであるだけに、実にわびしい気分を味わった。


名岐バイパス経由で21号線を大垣方面に向かう。途中、長良川の橋を渡ってから信号を右折し、県道23号経由で国道157号に入り、根尾村方面に北上。樽見で418号に分岐し、県道上大須線に入る。途中で折越林道への標識が出ているので、そこを左折し、折越峠まで行く。全線舗装路。