最近の山歩き



常光寺山 じょうこうじさん (1438.5m) 静岡県(水窪町)
竜頭山 りゅうとうざん (1438.5m) 静岡県(春野町)
2000.4.28 晴     単独

写真タイトル
山住神社
 登山口になる水窪町へは東名・浜松インターから152号を北上するのが道順としては一番分かりやすいが、今回は153号で稲武を右折して257号に入り、田口から佐久間方面に分岐する473号を経由して152号に出る予定で出かけました。

 3月に御殿山などに行った時、473号途中にある提石トンネルの工事が3月末までとなっていたので、もう通れるつもりで行ったのだが、なんと5月末まで工事か延期になっており、通行止め。
 しかたなく257号を長篠まで行き、豊川からの151号に出る。あとは東栄町から県道1号を経由して473号に入り、佐久間町を過ぎてから152号に入った。水窪町の標識が出てくる辺りで、山住神社と北遠スーパー林道への案内標識の出ている信号を通過するので、ここで右折すれば、あとは道なりにいけば、山住峠に出る。ここに山住神社がある。

 山住神社には樹齢1250年と云われる杉の巨木がある。峠を左折し1Kmも行くと、「家老平」と標識の出ている広いスペースに出る。駐車場やトイレなどあるが、ここに車を停める。登山口はすぐ先の林道左手に標識が出ているので、そこから山道に入る。

 始めはなだらかな道が続き歩きやすいが、途中から土止めされた階段状の道となり勾配がきつくなってくる。道は尾根に沿ってついており、はっきりした道で分かりやすい。途中勾配が緩くなってくるが、右手は深くえぐられたように崩壊している所を通る。道の右側は入り込まないようにか、ロープが張られているので歩くのには何ら問題はない。
写真タイトル
常光寺山 山頂

 ここを通過してから、一気に下り登り返すことになる。標高差100mは下るのではないかと思われるほど下る。下りきると急斜面の階段状の道がまた続く。一汗かくと頂上に着くが、三角点と北側には小さな社がある。南側の下方には車を止めた家老平も見える、落葉樹がまだ新芽をつけていないからで、新緑の時期になったら、あまり見晴らしは良くないだろう。道中の方が見晴らしが良い。

 家老平の登山口から1時間半はかからないほどの行程だ。長時間ドライブしてきた割にはあっけい結末で少々もの足りない。近くにハイキングに良い山がいくつかあるが、時間的に無理がある。そこでスーパー林道を通って竜頭山に行ってみることにした。

写真タイトル
竜頭山山頂
 同じ漢字を書く山が愛知県にもあるが、こちらは「りゅうとうざん」と読むそうだ。
 竜頭山にはスーパー林道を山住峠まで戻り、更に10Kmほど林道を南下する。右手に鉄塔のある山頂が見えるが、そこが竜頭山。林道の舗装の切れる所に着くが、この辺りに車を停める。

 林道一帯は野鳥観察の公園になっており、この竜頭山の登り口周辺も、木製のイスやテーブルが置いてある。山頂へは遊歩道のような道がついており、一本だけでなく枝道がいくつかある。山頂は鉄塔が建っているが、やはりテーブルなどが置かれ、公園化している。

 スーパー林道は標高1000m前後の所を南北に走っており、周囲の景色がすばらしい。竜頭山辺りから南は舗装されてないようだが、少なくとも家老平から竜頭山下辺りまで全舗装、152号などの国道より、道幅も広く走りやすい。  


今回は上記のような道順で行ったが、名神豊川インターから151号、浜松インターから152号で水窪町に入り、山住神社の標識を目当てに行けばいい。全線舗装道路。