最近の山歩き



小平山 こべらやま (717m) 三重県(伊賀町)

旗 山 はたやま (649.5m) 三重県(伊賀町)
1-14 晴     単独

写真タイトル
ゾロ峠方面から旗山
 今年の初歩き。柘植駅近くの余野公園からゾロ峠・小平山(烏山)・旗山・余野公園と時計回りに周遊してきました。
 登山口になる余野公園は東海自然歩道の中継点でもあり、広い駐車場もある。駐車場より、更に奥に行くと、T字路になり自然歩道の標識も立っている。この辺りも道幅が広いので適当に何処にでも車は停められる。

 まづはT字路を左に林道歩きだ。しばらく行くと油日岳への分岐標識が出ている所を通過するが、ここで右折して山道に入る。ゾロ峠までは余り急な所もなく歩きやすい。ゾロとは崖の崩れた所という意味だそうだが、三叉路になっているが、単なる通過点に過ぎない。見晴しもよくない。ここを右に行く。

 ここからは斜面もきつい所が出てくる。やせ尾根や笹薮の道が続く。途中で踏み跡が乱れ、道が分かりにくい所もあるが稜線に沿って行けば、間違いない。右手前方にササでおおわれた稜線が見えてくるが、その先の鉄塔の立っている辺りが旗山の山頂。(写真上)

写真タイトル
旗山三角点
 しばらく行くと、小平山と旗山の分岐点に出る。ここから小平山まで15分ほど。二つほどピークを越えて小平山(ガイドブックによっては烏山となっているものもある)に着くが、ウッカリしていると山頂を通過してしまう。[この先は国道だから戻ること]と標識が道のまん中に出ていたので、慌てて振り返ると道脇に登山記念のプレートがぶら下がっており、そこが山頂だと気がついたようなしだい。旗山より標高は高いようだが、三角点もなく一ピークに過ぎない。立木に遮られて見通しは悪い。

 分岐点まで戻り、そのまま進めば旗山の山頂に着くが、ここも通過点のような雰囲気で、知らずにそのまま進み送電線の鉄塔まで行ってしまった。旗山の山頂には三角点がある。登山道から少し入っているので、うっかりしていると見過ごしてしまう。

 帰りは、送電線の鉄塔付近からも道がついていたが、旗山山頂から次の鉄塔への巡視路を下ることにした。急斜面は土留めされて階段状になっているが、古くなって崩れてしまっている所が多い。また、台風のせいなのか道には倒木が多く、急斜面のやせ尾根が崩れている所もあり、かなり緊張するところもあった。あまり人が入ってないような印象を受ける。

 下の方は地図にない道が縦横に走っているので戸惑うが、送電線を見落とさないよう電線に沿って行けば余野公園付近に出る。

 ガイドブックは半時計周りにコースをとってあるが、逆に回ったせいか標識などを見落としやすかった。それだけに低山ながらも緊張感のある初歩きが出来ました。


名阪国道・伊賀インターを出て、草津伊賀線を進むと、右手に余野公園が見える。