最近の山歩き



古戸山 ふっとやま (759.9m) 愛知県(東栄町)
御殿山 ごてんやま (789.3m) 愛知県(東栄町)
2000-3-17 曇時々雪     単独

山頂
古戸山山頂
 奥三河の低山が続くが、今日は古戸山と御殿山。朝出かける時からポツポツ降り始め稲武辺りでみぞれ混じりになる。
 稲武から257に右折し田口まで行き、佐久間方面473号に入ればいいのだが、3月末まで途中の堤石トンネル工事のため、通行止めとなっている。しかたがないので257号を進み稲目トンネルを抜け「鳳来東栄線」に入り、途中から473に入ることにした。

 最初、御殿山に行くつもりであったが、引田バス停近くにあるはずの道路沿いからの取付が分からず、先に古戸山に行くことにした。古戸山は473をそのまま進み信号を左折して151号をしばらく行くと、左手に薬屋など4軒の家が並び、前が駐車帯になっている所を通る。この直ぐ前が古戸山の登山口になっており標識も出ている。

 駐車帯に車を置き、標識の所から登り始めるが、右手に民家のある辺りで一端舗装された林道に出る。民家の横から山道に入れるが分かりにくい。林道を歩いても大した時間はかからないが、途中で山道と合流し林道の右側に登山口の標識が出ているところに出る。ここから山道に入り尾根を登っていくことになるが、やや急な斜面である。

 途中松の大木がある所を通るが、この辺りの右斜面は伐採され、その後に植樹された木はまだ若いので見晴らしがいゝ。ここから御殿山や、その後ろに明神山がよく見える。この山の唯一のビューポイント。

 ここから少し行くと山頂かと思うピークに出る。ここから右方向にやや下り、急な斜面を登ると古戸山の山頂だ。見晴らしは良くない。大したことはないが、雪が降ったりやんだりしている。
山頂
御殿山山頂の大村神社

 古戸山をあとに御殿山に向かう。やはり道路沿いに標識など見つけられず取付が分からない。代わりに登山コース途中にある槻神社への標識を見つけた、古くなって文字など薄れて見ずらいものだ。コースからかなり東よりの外れたところなので、この舗装された道を車で上がることにした。途中で右に曲がる標識が出ており、それに従って進むと、槻神社の第二駐車場と書かれた所に出る。車は3台ほどしか置けない。ここの右手にある階段を上れば槻神社。更に上に行けば第一駐車場があり、ここは神社の直ぐ前で下より広い駐車場となっている。

 槻神社まで車で上がってしまえば、山頂まで1時間もかからない。神社の左手に山道が続いており、直ぐに「千代姫参道」の標識の出ている分岐点になるので、それに従い右折して行く。古戸山同様、道は分かりやすい。槻神社からもよく見えるが、途中振り返ると、目の前に尾籠岩、その後ろに明神山が見える。参道らしく途中には石仏など見る。山頂直下には祭礼などに使うのか小屋があり、奥には一升瓶など置いてある。

 狛犬が両脇にある石段を登ると御殿山神社(大村神社)があり、この裏が三角点のある山頂だ。やはり見晴らしは良くない。雪が強く舞い始めたので早々に下山する。

 古戸山・御殿山、共に余り登られないのか、いわゆる登頂記念のプレートが少なかった。そのせいなのか登山道がよく整備されているわりに静かな雰囲気のする山であった。


グリーンロード経由で稲武から257号に右折、鳳来東栄線経由で473号に入る。国道沿いの登山口分からず。千代姫温泉の信号を左折して151号。左手に薬屋さんのある駐車帯を目標に。(全線舗装道路)