最近の山歩き



摺古木山すりこぎやま (2168.5m) 長野県
98.7.19 晴のち曇   同行4名

林道終点での山並
林道終点での山並
 今回も涼しい思いをした山でした。中津川から馬篭・妻篭経由で256号に入り、途中県道8号の大平街道を行く。木曽峠・大平峠を越え、大平宿から摺古木山に通じる林道に左折。途中から未鋪装となり、普通車で来ている人もいましたが、ここは車高のある車が望ましい。

 大平宿から歩くことも可能ですが、長い林道歩きは退屈で面白くない。足腰に自信があれば、林道終点から摺古木山経由で、稜線続きの安平路山2365mまで往復したほうが楽しめる。  
 林道終点は5台ほど車が駐車できる広さがあり、トイレや避難小屋がある。ガイドブックなどには、いきなり急登で始まるとあるが、それほど急斜面でなく、その後の行程に比べると急というだけで、後は緩斜面が続き歩きやすい。
 途中水場も何ケ所かある。ザレ場なども数カ所あるが、ほとんど平坦な場所で危険も少なく、かえって単調な道に変化をもたらす。

 
摺古木山山頂
摺古木山山頂
途中で道が双手に別れるが、左側のコースをとる。こちらの方が景色を堪能できる。途中に「摺鉢公園」があるが、標識があるわけでなく、視界が開け遠望のきく所に出るので、多分この辺がそうなのであろう。

 この公園?から山頂まではすぐのところ。もっとも登山口から往復2時間半のコースです。
 こういう短いコースの時は、いつもながら昼食が豪華になります。山頂での遠望はあまり良くありません。最初晴れていた空も、どんよりした曇り空になり、風が吹くと少しばかり肌寒くさえ感じます。

 山頂宴会の後、昼寝をする予定でしたが、何となく雲行きが怪しいので、下山することになりました。
 登山道のササもきれいに刈り取られ、整備されていて歩きやすいコースです。


 時期的に19号が混雑するので、中央道・中津川インターから馬篭峠経由で行くのが早いように思います。