最近の山歩き



瓢ケ岳(1162.6m)・片知山(996m) 岐阜県
98.3.29 晴 同行者3名

fukube
畳ヶ平分岐

 片知渓谷公園駐車場からの出発。途中「抜戸岩」の分岐を抜戸岩方面に向かう。巨岩の中を登っていくと、奥に不動尊の祀ってある岩屋堂がある。ここまでは登山コースから外れ余り道はよくないが、途中の巨岩には驚かされる。

 瓢ケ岳への登山道に戻り、骨ガ原経由で瓢ケ岳山頂。ここで小休止してから、奥瓢に寄り骨ガ原まで戻って、そのまま直進。南岳・片知山と進む。写真の見晴台というのは南岳のこと。見晴しはよくない。むしろ、骨ガ原から南岳に至る尾根道に景色の良い所がある。

 古いガイドブックには、片知山の山頂には、電波反射板のある鉄塔があると載っているが、現在は取り払われ、その辺には取り壊した跡のボルトなどが散乱していて、工事現場の跡のよう。
片知山
片知山山頂


 あまりいい雰囲気ではないが、ここで昼飯、下山は片知山から直に林道に下る道を歩く。下り道としては急斜面で膝がかなりこたえました。林道からは駐車場処まで登り道を歩く。
 鋪装された道を登山靴で歩くのは、つまらない。しかし、下るより緩やかに登る道の方が膝に負担がかからず、楽なような気もする。

 三月末にしては温かい陽気でした。


 美濃インターを出て2〜30分で、登山口に着く。登山口までの林道は、最初の一部が補修工事中でしたが、林道とは思えない二車線の広い舗装道路で、駐車場まで快適なドライブ。